季節の企画

店舗限定特別メニュー

水ようかん

水ようかん

mizuyo-kan

梅林堂が長年かけて極めた、“あん”の美味しさ。
その上質で豊かな風味を、スッキリとした
のどごしの良さでお楽しみいただける涼菓です。
熟練の職人の技と、火、水、厳選素材が
織り成す至高の味わい。ぜひ、贈り物にもご用命ください。

すべての瞬間で光る匠の技で、
期待を超える美味しさへ。

小豆、砂糖、寒天と、素材はいたってシンプル。しかし、すべての工程において、職人が何十年と試行錯誤し培ってきた技でその素材の良さを引き出すことで、梅林堂ならではの奥深い美味しさが生まれました。最高の素材選びから、独自製法の開発、その時々の状況に応じた火や水のわずかな調整まで、職人たちの並々ならぬこだわり……。それらがかたさ、口どけ、甘み、小豆の風味、食べた後の余韻まで、全てが完璧に整った味わいにつながっています。
長年お客様から「梅林堂の水ようかんは、ひときわ美味しい。また食べたい」とお褒めいただく人気の限定商品。今年も、それぞれに匠の多彩な技が光る、“汐水ようかん”、“栗入りゆであずき”をあわせた3種をご用意しました。

高品質の“あん”を創る。素材の良さを引き出す技術

水ようかんは、“あん”の美味しさで味が決まるシンプルなお菓子。だからこそ梅林堂では、あんづくりの全工程において妥協を許しません。

まず、一般的な菓子メーカーのように製あん会社から仕入れるのではなく、自社で小豆から創ります。小豆の品種はあえて決めず、毎年収穫期になると全国の小豆の産地を訪ねて品質を調べ、試作を重ねて最も美味しい品種を選びます。

そしてあんから水ようかんを創るときには、全て手錬りで、機械任せにはいたしません。なぜなら、あんは小豆のわずかな個体差や、気温や湿度の違いによって、同じ火加減でも仕上がりが変わるもの。機械で一律に作ってしまうと、逆に日によって水ようかんの味や香り、色が変わってしまうからです。そのため梅林堂では、素材の美味しさを最大限活かせるよう、熟練の職人が日々わずかに変わる状態を見極めながら創っています。


そして出来上がるのは、粒子が極めて細かい上質なこしあんが、寒天の中に均等に溶け込んだ美しい水ようかん。一般的に、こしあんの粒子を細かく、なめらかにするほど、スッキリとしたのどごしで美味しくはなりますが、寒天で固める際に沈殿しやすくなり、水ようかんの見た目が二層に分かれてしまうおそれがあります。しかし、美味しさに妥協を許さない梅林堂は、職人が試行錯誤しながら磨き上げた技により、美味しさと見た目の美しさを両立させることに成功しています。

高級糸寒天で叶える、やわらかく心地よい口どけ

スプーンですくってもピンとして美しく、全く崩れないにもかかわらず、口の中に入れた途端、なめらかに広がる梅林堂の水ようかん。しっかりした食感なのにやわらかく、寒天が余計な主張をしないため、小豆の風味を濃厚に楽しめます。この絶妙な固さを支えているのが、寒天の発祥地でもある兵庫県産の特別な糸寒天です。この糸寒天は保水力や強度がとても高く、少しの量でしっかりと固めることができるのが特徴。その分、従来の水ようかんよりも、あんや水を増やすことができるのです。そこで、この糸寒天の配合を極限までおさえて、口どけや小豆の風味を楽しめるように創りました。どっしりしているようで繊細な、この口当たりの良さをぜひご堪能ください。

特別な味わい

さわやかで、甘さも引き立つ“汐水ようかん”

汐水ようかん

梅林堂では、水ようかんとしては稀な塩味をご用意しています。
味つけには、海水だけを天日干しして結晶化させた、伊豆大島産の伝統的な海塩を使用。一般的な食塩よりも自然のミネラル成分が多く、ふわっとまろやかで甘さやコクもあるため、水ようかんが深い味わいに仕上がっています。
さらにその塩の風味を、あっさりとした白あんを加えることでより引き立てました。小豆と相性が良く、それでいて、食べた瞬間にあっと驚くようなインパクトのある美味しさ。暑い季節に、さっぱりとお召し上がりいただけます。

商品ページへ

小豆の魅力をそのまま詰めた“栗入りゆであずき”

栗入りゆであずき

こちらは、ほくほくに煮た小豆を、そのままお召し上がりいただける一品です。
小豆は、食べた時に皮が口の中に残らないほどのやわらかさ。美しい粒の状態をかろうじて保てる限界まで煮て、寒天などでは固めず、豆の食感を楽しめるようにしています。そのため形が崩れぬよう、一つ一つ全て手作業で容器に詰めています。
また、小豆にアクセントとして添えたのが、昔から和菓子には欠かせない栗。色や形を厳選して、同じようにやわらかく炊きました。
2つの素材による味わいの変化や、甘さと食感のバランスは、思わずぱくぱくと食べたくなるような魅力となっています。

商品ページへ